商品情報にスキップ
1 3

スペシャルティコーヒー専門自家焙煎店 カフェカホン

スリーフォードリッパー

通常価格 ¥450 JPY
通常価格 セール価格 ¥450 JPY
セール 売り切れ
税込み。 配送料はチェックアウト時に計算されます。
サイズ

<実は歴史のある台形ドリッパー>

CAFECさんのドリッパーというと、フラワードリッパーが思い浮かぶ方が多いと思います。
CAFECさんとしても最も推しているドリッパーなので当然なのですが、もっと前から販売されていたのが、このスリーフォードリッパーです。

CAFECさんの台形ドリッパー、スリーフォードリッパー

台形のドリッパーはカリタさんの3つ穴が有名ですが、このドリッパーはコーヒーのとある名店で使うものの製造を請け負っていたはずなので、実は結構歴史のあるドリッパーです。

磁器製のものもありますが、当店では樹脂のものを販売します。

名前の「スリーフォー」というのは、ドリッパーを作った当時「太平洋、大西洋、インド洋に広がるように」という意味を込めていたそうで、「Three for」と理解するのが正しいようです。数字の3と4ではないんですね。

<1つ穴なのにスムーズ。安定感も抜群>

存在感としてはイマイチ地味なのですが(失礼)、ドリッパーの性能としてはかなり良いですよ。

ドリッパーを見ると小さな1つ穴だけなので、お湯が抜けるスピードが遅いのではと予想しがちですが、これが意外と早いのです。

スリーフォードリッパーは1つ穴でも、スムーズにお湯が抜けます。

この穴の部分だけ高さが作ってあって、水流にスクリューを作ることで抜けを良くしていると聞きました。本当に効果があるのかは分かりませんが、とにかく抜けは良いです。

同じ台形1つ穴のメリタさんのドリッパーは、人数分のお湯を一度に注ぐというのが公式の淹れ方なので、同じかと思って一気に注ぐと早く落ちすぎて、味がスッキリしすぎてしまうくらいです。
使い方としては、円錐形のものと同じように数回に分けてお湯を入れていった方が安定感も出ますし、良いかと思います。

これは当店の主観も入りますが、円錐形と台形のドリッパーで少々味に傾向があるように感じています。

円錐形は、凝縮感があって飲み応えがしっかりした風味。
台形は、もっとすっきりした印象で軽やかな風味。

香りや風味の個性が強めの豆で、その部分をしっかり引き出したければ、円錐形の方が合いそうですが、全体に飲みやすく優しい印象にしたければ台形。

というように使い分けができるとコーヒーを淹れるのが楽しくなりそうです。

ペーパーフィルターと計量スプーンも付いていますので、ペーパードリップを気軽に始めたい方にもオススメですよ。

お使いのコーヒー豆が25gくらいまでなら小さい方の101。
それ以上から45gくらいまでなら大きい方の102をお選びください。
大きい方の102の方は穴の数が2つになって、しっかり速度コントロールされますよ。

大きい方の102は2つ穴になります。

購入の際のチェックポイント

カートに追加する前に下記の2点をお選びください。

・購入量
・豆を挽くかどうか。
 挽く場合は粗さもご指定ください。 

※500g以上の場合は「豆のまま」のみとさせて頂きます。

送料について

【メール便】送料:250円

ゆうパケットで発送します。
コーヒー豆のみのご注文の場合、ご利用可能です。

1通に400gまで入ります。
それ以上の場合は、複数個口で発送となります。

投函される形になりますので、不在時でも配達されます。
到着の日時指定はできません。

【宅配便】送料:地域による

ゆうパックでの発送となります。
到着の日時指定は「カート画面」からご利用ください。

カート画面はこちら!

コーヒー豆800g以上のご注文で、送料無料です!

器具を含むのご注文の場合は、宅配便の発送となります。