過去販売豆

グアテマラ サンタ・フェリーサ農園 イエローカツアイ(ナチュラル)

投稿日:

グアテマラ サンタ・フェリーサ農園 イエローカツアイ(ナチュラル)

<当店初の中米出張で訪問した農園>

今年の4月に現地の農園視察の目的で、中米に出張しました。グアテマラとエルサルバドルです。
出張中にはいくつか農園を訪問したのですが、その中の1つがこのサンタ・フェリーサ農園です。

当店ではティピカを取り扱うようになって丸2年経ち、すっかり馴染みの農園になっています。
なので、今回の出張で必ず訪問したかった農園と言っても良く、とても楽しみにしていました。

サンタ・フェリーサ農園の飼い犬たち
サンタ・フェリーサ農園のパティオ

実際に農園に行ってみると、日本からでは分からないことがいっぱいあったのですが、改めて分かったのは、農園主の方が、相当な熱意を持ってコーヒー作りをしているということです。

実験的な試みをたくさんしていて、農園内にはたくさんの品種が植えられていたり、毎年出荷する全ての品種で全ての精製方法を試したり。
その中でもちょっと乾燥させた時間が違ったら、別のロットナンバーで経過を管理したり。
聞いたらこう答えていました。

「どの品種がどの精製方法にしたらベストか、やってみないと分からないからね。」

そりゃそうですけど、その手間たるや想像を絶する量だろうと思います。

全てのロットをサンプル分けする

農園の中でもカッピングできたのですが、数日後にプライベートオークション用のロットをカッピングするということで、ちょうど時間ができた日だったので、お邪魔しました。

この農園は毎年、独自でオークションを開催していて、それに出品する候補のロットを一気にカッピングするということなので、これまた貴重な体験ができました。

オークションロットをカッピング中
有名カッパーさんも交えて

この「イエローカツアイナチュラル」は、このカッピングの中で店主が最も高得点を付けたコーヒーです。

気に入ったという話を終わってから農園主さんに伝えておいたのですが、6月にプライベートオークションが終了した後に「1袋だけあるけど、どう?」という連絡をもらったので、入荷することができました。

恐らく、日本でここだけのロットだと思います。

カツアイのナチュラルということで、それだけで珍しいですが、風味はいたって上品にまとめられています。

こちらの農園は全体的にクリーンに、上品に味や香りをまとめる傾向にあり、それはナチュラルでも変わりません。
バランス良く、クリーンで飲みやすいですが、香りと甘みはしっかりナチュラル精製だと分かります。

後味はハニープロセスのコーヒーのようにトロッとした粘りのある舌触りで、ほんのり甘みが残るところも似ているかもしれません。
現在のコーヒーのトレンドを感じさせる、香り、甘み、バランスと全てがハイレベルにまとめられたコーヒーです。

【豆についての情報】

生産国:グアテマラ
地域:アカテナンゴ
品種:イエローカツアイ
精製:ナチュラル

-過去販売豆
-, ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

コスタリカ シュマバ モンテ・ジャノボニート農園 カツーラ(レッドハニー)

コスタリカ シュマバ モンテ・ジャノボニート農園 カツーラ(レッドハニー)

<美しい農園とマイクロミルに惚れた> このコーヒーも、2017年の中米出張時に現地買付をしてきたコーヒーです。 こちらのマイクロミルのオーナーは、フラ …

コスタリカ モンテ・コペイ ラ・メサ農園 ティピカ

コスタリカ モンテ・コペイ ラ・メサ農園 ティピカ

<COEで1位を獲得した農園を見て来た!> 2017年の出張で買い付けたコーヒーのコスタリカ第3弾がこちらのコーヒーです。 「モンテ・コペイ」は摘み取 …

ニカラグア カサ・ブランカ農園 パカマラ(ナチュラル)

ニカラグア カサ・ブランカ農園 パカマラ(ナチュラル)

<ずっと会ってみたかった農園主・セルヒオさん> 2017年2~3月に行った中米出張で、ぜひ会いたい農園主さんがいました。 それがこのカサ・ブランカ農園 …

コスタリカ グラニートス ティピカ(レッドハニー)

コスタリカ グラニートス ティピカ(レッドハニー)

<農園主さんが訪日時に会っていた> こちらのコーヒーは、コスタリカの「タラス」地区のもので、中米出張時に現地買付したコスタリカの第2弾です。 このグラ …

グアテマラ ラ・エルモサ農園 ゲイシャ

グアテマラ ラ・エルモサ農園 ゲイシャ

<遂にやってしまった農園直輸入コーヒー> 2019年3月の中米出張で訪問したグアテマラの農園「ラ・エルモサ農園」です。 この農園を知ったきっかけは、2 …