ニュース ブログ

「ホンジュラス エル・ドゥラスノ農園」についてのお知らせ

投稿日:

みなさん、こんにちは。カフェカホン店主の平村です。
コロナの影響下、在宅時間が長くなっている方が多く、コーヒーが果たす役割が大きくなっているのを実感しながら営業しています。
皆様の在宅時間が少しでも良いものになるように、助けになれればと思っています。

さて、表題の件。ホンジュラスのエル・ドゥラスノ農園についてお知らせがあります。

先月の新豆として販売していたこのコーヒーですが、実店舗、ネットともに非常に好評を頂きありがとうございます。
おかげ様で、GWの連休に入る前に完売とさせて頂きました。

個人的にもとても気に入っていたので、仕入れ元のリストを見たところ、まだ在庫が残っていたようですので、すぐに押さえました。
ただ、連休に入ってしまうタイミングでしたので、連休明けに再入荷して販売を再開する予定でした。

もう焦らしても仕方ないので、結論から言います。
申し訳ございませんが、再入荷は叶わず、このまま完売となってしまいます。

実店舗でもそうですが、いつもネットショップをご利用頂いている方の中には、再販してから注文しようと思っていた方が多くいらっしゃったと思いますが、大変、申し訳ございません。

経緯を説明します。今回届いたコーヒーのラベルがこちらになります。

「El Durazno」は農園名ですが、「エル・ドゥラスノ」と読みます。

あれ?農園名合ってるじゃん。と思いきや、品種を見ると「Variety:Catuai(カツアイ)」、精製方法を見ると「Processing:Washed(ウォッシュド)」と書いてあります。

先月の新豆で販売していたエル・ドゥラスノ農園は、「品種:カチモール、精製方法:ハニープロセス」です。
つまり、同じ農園名の違うコーヒー豆なのです。

これは農園単位で販売されるスペシャルティコーヒーでは注意しなければならない部分なので、これまでも注意していたのですが、

・仕入れ元のリストに国と地域名まで明記してあり、同じだったこと。
・完売間近、連休間近で決断を迫られていたこと。
・コロナの影響で担当営業さんが在宅勤務中で、連絡が取りづらかったこと。

などが影響して、結果的に確認不足によって違うコーヒー豆を入荷した形になってしまいました。

「急いては事を仕損じる」の典型のような形で、皆様の期待を裏切る失敗をしてしまいました。
改めまして、申し訳ございません。

と、ここまでは悪いお知らせ。この話には良いお知らせもあります。

じゃあ、この間違えて入荷しちゃったコーヒー、どうするの?ということになります。
このコーヒーは、昨年の中米出張で現地カッピングした中に入っているのです。

改めて、当時のカッピングフォームを見返しました。
そうしたら、現地でメチャクチャ高評価を付けていたコーヒーだったのです。

昨年はグループでホンジュラスを訪問していて、同業の方も多く、買付目的も含まれていたのですが、ホンジュラスのカッピングでは、既に予約が入っていて、僕らは欲しくても買付できないロットがいくつかあったのです。
しっかり覚えていないのですが、現地カッピングでこれだけの評価をして、買付しない理由がないので、この買えないコーヒーに含まれていたのが、今回入荷した方の「エル・ドゥラスノ農園」だったと思われます。

届いたコーヒーはバキュームパックになっていて、段ボールで届いているので、仕入れ元に訳を話して返品することもできるかもしれません。
ただ、そのコーヒーは現地カッピングで個人的にとても評価していたコーヒーだった。
このコーヒーにとっては、偶然にもカフェカホンに届いてしまったものです。これも何かの縁。

このコーヒーは、そのまま販売することにしました。

意を決してバキュームパックを開封し、テスト焙煎をしたのが一昨日のことで、今はそのコーヒーを飲みながらこのお知らせを書いています。
やっぱり、美味しいコーヒーでした。

どちらかと言えば上品系なのですが、浅めの焙煎よりも深めの焙煎にしたものの方が、しっかりコクや甘みとフローラルな香りも出て、文句なく当店で販売できるレベルのコーヒーでした。
これまでのホンジュラスシリーズを試されている方なら、第1弾のブエナ・ビスタ農園や第3弾のパトリアルカ農園に似た感じだと思ってもらえると良いと思います。

先月のエル・ドゥラスノ農園と比べると華やかさやハニープロセスらしいハチミツ系の甘みはないですが、その分キレやフローラルさが印象的なコーヒーです。
まだバキュームパックを開封して3日ということを考えると、ここからもう少しフレーバーが目覚めそうな気もします。

という訳で、来月6月の新豆が、ホンジュラス泣きのもう1ロット。
まさかの第9弾「エル・ドゥラスノ農園 その2」が登場となります。

先月の新豆を待って頂いていた方には、本当に申し訳ないです。
ですが、美味しいホンジュラスがもう1種類、結果的に入荷しましたので、そちらにお付き合い頂ければと思います。

長いお知らせとなってしまいましたが、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

-ニュース, ブログ
-, ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

出張報告会を開催します!

みなさん、こんにちは。中米出張より帰国して無事に営業再開している店主です。 さて、タイトル通りなのですが、出張報告会を開催することになりました! 今回 …

【店主のクドバナ番外編・焙煎考察】真面目に浅煎りやってみた①

公開するつもりもなく書き始めてしまったので、完全にメモ感覚で読みにくいと思いますが、そこはご勘弁くださいね。 こんな感じでいつも焙煎の考えを進めていま …

【中米出張2019Vol.5】カッピングとイカフェ訪問

みなさん、こんにちは。何とかホンジュラス最終日の夜を迎えている店主です。 昨日はサンタバルバラという街に来て、湖の畔のバンガローがたくさんあるホテルに …

【中米出張2019Vol.11】秘境で未開のコーヒー生産に挑む!

みなさん、こんにちは。今日は寝オチしないようにベッドではなく机で書き始めた店主です。 日にちの感覚がなくなったまま続けてきた中米出張も最終日となりまし …

【カッピングメモ】コスタリカCOE

今日の東京は本当に真夏のような暑さになっています。 こういう時はさっと物書きに変身する店主。今日は先週行ってきたコスタリカCOEについてのカッピングメ …