ニュース ブログ

【店主の頭ん中・その11】コーノからCAFECへ。

投稿日:

みなさん、こんにちは。またまた久しぶりのブログ更新となりました。
ニュークロップの方ではグアテマラのラ・エルモサ農園に続き、ホンジュラス勢の販売が始まって祭りがスタートしています。
ホンジュラスも美味しいコーヒーが揃っていますし、これからも来年5月頃まで続きますので、ぜひ走破してくださいね。

ところで、今回のブログは当店の販売器具がコーノから変更になりますというお知らせです。

当店では、オープン以来販売器具としてコーノの器具を扱ってきました。
理由は店主がお店を始める前から愛用していて、理にかなった器具だと思ったからです。

ドリップ初心者の方は、自分で湯量のコントロールが難しく、またドリップポットを持っていないこともあるため、多めにお湯を注いでしまうケースが多いと思いました。
コーノはその点、落ちる速度が遅く設計されているので、多くお湯を注いでしまった時でもゆっくり落ちて、コーヒーの味が出る時間を取ってくれるようになっています。
これはコーノの社長が以前、「ドリップ名人はやかんから注ぐことを想定している」と言っていたので、とても賛同できる話だと思いました。

そうしてこれまでコーノを販売してきたのですが、この度、メインで扱う器具を変更します。

「CAFEC(カフェック)」というブランドです。

こちらは、三洋産業さんという、これまでは主に器具を製造する裏方をしていた会社が立ち上げたオリジナルのブランドです。

店主は以前から知っていましたが、コーノや以前のハリオのペーパーを製造している会社です。
ドリッパーでは、円錐形のフラワードリッパーを作っている会社で、ペーパーは「アバカ」という商品名で販売しています。
なかなか実物を見るお店がなく、どちらかと言うとマニアックな存在だと思います。

このCAFECさんが今年9月のSCAJで面白い商品を発表しました。
焙煎度合別にそれに合ったペーパーフィルターを開発したと言うのです。
実際には、「浅煎り」「中深煎り」「深煎り」の3種類です。それぞれに合ったスピードになるように、ペーパーに工夫を入れたというのです。

この話だけ聞くとめちゃくちゃマニアックで、マニアこそ欲しがるペーパーだと思いました。
どんなものか気になったので、CAFECさんのブースにお邪魔してお話を聞きました。

そもそもCAFECさんが目指しているのは、

「家庭で誰でも簡単に美味しいコーヒーを楽しんで欲しい」

というのを目標にして商品開発をしているとのことでした。

あれ?どこかで似たようなフレーズを聞いたことが。当店のネットショップのトップにはこのように書いてあります。

「ご自宅でももっと気軽に、美味しいコーヒーを楽しむ」

・・・ほとんど同じこと言ってる!!ブースでこのお話を聞いた時には本当にびっくりしました。

当店がこれをコンセプトにしているのは、飽くまでそういった質のコーヒー豆を提供するということです。

上質なコーヒー生豆を使い、味作りを考えてしっかり焙煎をすれば質の高いコーヒー豆ができる。
こういったコーヒー豆を使えば、抽出で細かく気にしなくても美味しくなると考えているからです。

CAFECさんは、それをコーヒー器具を通して実現しようとしていたのです。
あらかじめ、ちょうど良いスピードで落ちるようにドリッパーを設計しておく。
今回3種類のペーパーを開発したのは、焙煎度合が違ってもペーパーを替えれば、いつもと同じように抽出しても美味しくなるようにするためです。

また、CAFECさんの狙いは「誰でも」という部分で、これは「例え初心者でも」という意味だと思います。
なので、CAFECさんから販売されているドリップポットは、注ぎ口がとても細く、鶴口が長くできています。
これなら、誰が淹れても必ず細くお湯を出せます。

営業さんが仰っていました。
「もう自分でコントロールできる人は、別に好きな器具を使ってもらったら良いです。今回のペーパーは、飽くまで初めての方がすんなり入れるように、敷居を低くしたくて開発したのです。」
コーヒーの敷居を低くしたいというのは、やはり当店が目指している活動目的と一致します。

ここまで同じ目標を持つブランドの器具を扱わなくてどうする。
そう思い、メインで扱う器具のブランドを変更することにしました。

フラワードリッパーは以前何回か使ってみて、特に違和感なく使えることを知っていたのですが、こういったブランドイメージがあることは今まで知らず、今年のSCAJの大発見になりました。

という経緯があり、今後当店ではコーノからCAFECへと販売器具が移行します。
コーノの器具はもう少しだけ在庫が残っていますので、そちらは継続して販売しますが、完売した段階で再入荷はしません。
ペーパーフィルターについても、コーノからCAFECのアバカペーパーに移行します。
そして、焙煎度合別のペーパーも3種類出揃った段階で入荷する予定です。

現在、フラワードリッパーに加えてさらにマニアックなディープドリッパーを販売開始しています。
商品説明はコラム自体が長くなってしまったので、ここではしません。
お手数ですが、各ページをご覧ください。

【CAFEC フラワードリッパー】

【CAFEC ディープドリッパー】

ディープドリッパーは、「ペーパードリップはコーヒーの層を高くした方が美味しい」ということを実現するためだけに作ったドリッパーだそうで、多人数用のみとなっています。
店主は、コーヒー豆80gで1リットルという抽出をしてみましたが、美味しく淹れられました。

現在はアバカペーパーのページがありませんが、今後リリースしますし、もしかしたらポットなども入荷したらそちらの販売ページも作ります。
今後の当店の器具はCAFECだらけになると思います。

フラワードリッパーもよく考えられた優れたドリッパーです。
実店舗では、試し淹れできるようにご用意していますので、実物を試したい方はご来店ください。

-ニュース, ブログ
-, , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

5月のカッピング会は「ニカラグア祭り」!

みなさん、こんにちは。GWをいかがお過ごしでしょうか? 当店はGW中も平常通りの営業ですので、連休中は毎日営業しています。 仙川にお散歩やお買いものに …

【店主の頭ん中・その8】ゲイシャ、販売始まりました!

みなさん、こんにちは。 梅雨明け以降、容赦ない暑さになっていますが、体調崩していませんか? 疲れていると熱中症になりやすいなあと実感したこの週末でした …

特別入荷豆第2弾!ゲイシャを生産国を変えて再入荷!

みなさん、こんにちは。 もうすっかり年の瀬になってきました。 今年の12月は中旬になっても何だかやることが多くて、お知らせ関係がすっかり遅くなってしま …

no image

【中米出張2020 vol.2】ここのパカマラはすげえです。

みなさん、こんにちは。初日から睡眠時間4時間で迎えるにはあまりにもハードスケジュールだったので、既にグロッキーな店主です。 中米出張本格始動の初日。朝 …

【カッピングメモ】ラ・エスメラルダ農園プライベートオークション

東京では真夏のあっつ~い日が続いてますが、西日本では大雨。 被害が大きくなっているようです。西日本にお住まいの方はお気を付けください。 お店がある仙川 …