ニュース ブログ

【中米出張2019Vol.11】秘境で未開のコーヒー生産に挑む!

投稿日:

みなさん、こんにちは。今日は寝オチしないようにベッドではなく机で書き始めた店主です。

日にちの感覚がなくなったまま続けてきた中米出張も最終日となりました。今回のメインイベントと言っても過言ではない、コフィア・ディベルサ農園に訪問してきました。

昨年からパープラセンス、ゲイシャと来て現在ディジャ・アルゲという珍しい品種ばかりを植えている農園です。ゲイシャがやたらと甘かった理由と、他にどんな品種があるのかなどを確かめるために現地に行きたいと思っていました。

グアテマラシティから近くの街まで2時間、4WDの車に乗り換えて3〜40分ほどガッタガタの山道を登っていった所にコフィア・ディベルサはあります。

行きがけに訪れた日本人がいたか聞いたらいないそうで、日本人初のコフィア・ディベルサ訪問者となりました。

この山がスチタン火山。中腹辺りに不自然に濃い色の横線があるのが分かるでしょうか。ここから山頂までが農園です。この後、トータルで4時間くらいいろんな品種を見て歩きました。

もう最初に言っておきます。盛りだくさん過ぎたので、全部は書きません。知りたい方はお店まで聞きに来てください。

農園は1560m〜2050m辺りまでコーヒーが植えられています。

気になるゲイシャがどこに植えられていたかからいきましょうか。僕は豆の小ささと甘さから1900m以上に植えられていると予想していました。

答えは、もっと下に植えられていました。

1650〜1850mくらいのようです。ただ、結構あちこちに植えてあるので、もっと上にもあるかもしれません。

ただ、甘さの理由は分かりました。農園を管理している人が常に糖度計を持っていて、実の成熟度を常に計っているのです。

甘さの理由は標高ではなくて糖度をしっかり計っていることでした。ただ、この場所に来るだけでものすごい風で、この農園は標高に関係なく寒さとの闘いになっています。

木の成長も遅いですし、枯れてしまう木もしばしば。1本の木でも実の成熟具合が大きいなど、苦労は多いことが伺えました。ゲイシャの豆が小さかったのは、標高の割に厳しい環境だからではないでしょうか。

そもそも、ここには農園はありませんでした。農園主のホセさんが何にもない所から仲間達と切り開き、全てのものを徒歩で運んだそうです。それが2012年のこと。翌年の2013年には最初の植え付けをしたというのは驚きです。

農園主のホセさんです。コスタリカのコフィア・ディベルサの農園主のゴンサロさんとは長い付き合いだそうで、「我々はソシオ(仲間)だ」と言っていました。

農園のなかった地域を切り開いて農園を作り、他にはない品種を植えて、世界に類を見ないコーヒー生産をしています。「厳しい環境だけど、我々は闘っている。」と言っていたのが印象的でした。

農園を歩いている間も管理をするルーカスさんにあらゆる指示をしていました。いろいろな部分で足りないと感じている事も多いと思います。でも本当にゆっくりと忍耐を持って改善を続けています。

たくさんあった珍しい品種から1つだけ紹介するとしたらこれでしょう。

これはこの農園で発見されたパカマラとSL28が自然交配してできた品種です。名前はまだ考え中とのことで、ありません。

そんな品種にリアルタイムで出会えることがあるでしょうか。ちなみにこれは世界にここにしかなく、僕は農園以外の人間で初めて見た人になりました。

何だか言ってることがよく分からなくなってきましたが、やはり大変な所に来てしまったようです。歩くのもめちゃくちゃ大変ですし。

この品種は1本の木にパカマラとSL28の両方の特徴が見られます。今回見られたのは、葉です。

太くて大きい方がパカマラ。もっと細長い方がSL28です。これが同じ木で出来ているのです。実も両方の実が穫れるそうですが、風味の方はどうなんでしょうね?この品種はまだまだこれからのものなので、期待して待ちたいと思います。

ここまで書いたところで、面白いくらい終わらないので、もうやめます。ほんの一握りです。面白いと思った方はぜひ、ご来店ください。

さいごに1つだけ。昼ごはんを食べている時に「自分は日本で販売するたんとうだ。」と言ったのですが、ホセさんと別れる時にめでたくソシオと認定してもらえました。

このグアテマラのコフィア・ディベルサの豆は日本にしか輸出していないそうです。そのほとんどを、今は僕しか売っていません。世界に当店しかないコーヒーです。ぜひ、今後ともお楽しみください。継続して販売していきます。

さて、2週間近くに渡ってお送りしてきた中米出張記も、これにて終了です。明日の早朝に起きて帰国の途に着きます。

今回の出張は本当にいろいろあって、毎日とても忙しかった感じです。こちらで1回風邪をひきましたが、治っちゃいました。

帰国後は1日だけ準備のために頂いて、31日(日)から営業再開予定です。お土産話をたくさん抱えて皆様をお迎えします。よろしくお願いします。

-ニュース, ブログ
-, , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【中米出張2020 vol.6】大念願のラ・カンデリージャ農園に行ってきた!!

みなさん、こんにちは。今日は日差しの下に長くいたので、日焼けしたかもしれない店主です。 今日は本当にずーーーーーーっと行きたかったラ・カンデリージャ農 …

【中米出張2019Vol.10】完全に初めての農園に突撃訪問!

みなさん、こんにちは。いよいよ出張の終盤を迎え、最後のホテルから更新をしている店主です。 今日は農園訪問ラッシュのその2。ラ・エルモサ農園に訪問してき …

【店主のクドバナ・その3】コーヒーはブラックで飲まないといけないの?

こうしてコーヒー屋さんをやっていると、度々同じ質問をされることがありまして、その中の一つに「コーヒー通の人はブラックでコーヒーを飲むよね?」というのが …

【中米出張2019Vol.2】初めてのホンジュラス上陸

みなさん、こんにちは。店主の平村です。 今日からいよいよ産地に入ります。今は最初の訪問国、ホンジュラスのラ・パスという街にいます。 まず最初に書きたい …

【中米出張2020 vol.10】サンタ・マウラはもはや村だった!

みなさん、こんにちは。今日も情報量がありすぎて、どうしたものかと悩みながら書き始めた店主です。 今日は、ニカラグアでずーっと行きたかった(今回の旅で何 …