ニュース ブログ

【中米出張2019Vol.5】カッピングとイカフェ訪問

投稿日:

みなさん、こんにちは。何とかホンジュラス最終日の夜を迎えている店主です。

昨日はサンタバルバラという街に来て、湖の畔のバンガローがたくさんあるホテルに泊まりました。朝の景色が良かったですよ〜。

そこからすぐ近くにあるサン・ヴィセンテという会社でホンジュラス最後のカッピングをしました。

こちらではサンタバルバラ近隣の2000くらいの農家のコーヒーを扱い、そのうちの300くらいの農家がスペシャルティを手掛けているそうです。

作業場や倉庫を一通り見させて頂きましたが、しっかり管理されていかにもスペシャルティを扱っている業者という感じがしました。ここで印象的だったのはこちらの部屋。

スペシャルティをハンドピックするためのコンベアですがとても長く、ここでは午前と午後にそれぞれ60人の女性が作業に当たるそうです。こういった雇用をスペシャルティは生み出しているということでした。

元々この地域のコーヒーは売る相手がいないものだったそうですが、COEに入賞したのをきっかけに注目されて買い手がたくさん現れたそうです。今回は、こういった話を多く聞ける旅になっています。

こちらでは23サンプルをカッピングしましたが、グッと来るコーヒーがいくつかありました。前回のカッピングからは本来のホンジュラスの姿であろうコーヒーをピックアップしますので、ここでは一番良いと思ったもの1つに絞って勝負します。

今回のホンジュラスで最も良いと思ったコーヒーです。まだ買い付けられるか分からないのですが、ぜひ欲しいところですね。

カッピングが終わった後、ホテルに向かう途中に、イカフェ(IHCAFE)の研究所に立ち寄って見学できました。

ホンジュラスのコーヒーの研究所ですね。中では、日本で秋に開催されるSCAJで見たことのある人を何人か見ました。

ISOを取得するなど、かなり厳密に運営されているようで、ホンジュラスの品質を管理する中枢です。

COEのサンプルの焙煎や、最近のホンジュラスは国内で地域毎に品評会を開催したりするので、その焙煎を行なったりもします。彼女がその焙煎担当者です。

コーヒーを小さなカップで振る舞われましたが、さすがに美味しかったですね。街で出されるコーヒーより遥かに上でした。

最後にホンジュラスの品質向上の中心部を覗けて良かったですね。

もう少し、サン・ヴィセンテのアンヘルさんが経営しているカフェに行ったり、そこでちょっとお話できたりとあったのですが、まあ今回はこの辺で。写真だけ載せておきましょうか。

ここのバリスタはホンジュラスバリスタ選手権の3位だそうで、美味しかったですよ〜。

さて、そろそろ晩ご飯の時間なので終了します。明日は早朝からグアテマラへ移動です。それでは、また!

-ニュース, ブログ
-, ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

【店主の頭ん中・その6】コーヒーと会話するというスタンス

前回書いた記事がカフェ運営の方を募集するもので、それが6月末だったので気づいたら半月も経っていたんですね。 本当に、あっという間で大変です。ありがたい …

【店主のクドバナ番外編・焙煎考察】真面目に浅煎りやってみた②

カフェカホン店主が浅煎りにチャレンジ!の第2回です。 引き続きメモ感覚なので読みづらいですが、興味ある方はどうぞ。 ①の翌日。前日焙煎したものを飲み直 …

6月14日は臨時休業とさせて頂きます。

6月14日(水)は都合により臨時休業とさせて頂きます。 前日の13日(火)と合わせて連休となります。 ただ、場合によっては15時や16時など午後から開 …

【中米出張2020 vol.7】移動日だけど、ドン・マヨカフェにも行けた!

みなさん、こんにちは。連日喋りすぎて、そろそろ喉が枯れるんじゃないかと心配になってきた店主です。 今日は3日間滞在していたタラスから首都のサン・ホセに …

中米出張による長期休業のお知らせ

みなさん、こんにちは。カフェカホン店主の平村です。 今年も中米出張の時期になってきました。 と言っても、昨年は行けなかったので2年ぶりになります。 出 …