ニュース ブログ

【店主のクドバナ番外編・焙煎考察】真面目に浅煎りやってみた③

投稿日:

さて、浅煎りチャレンジの続きです。もう、終わります。
今回は、コロンビアで問題なさそうだったので、他の豆でも浅煎りをしてみた感想です。

追加で焙煎してみたコーヒーは3種。
それぞれに焙煎当日、翌日と味見をした感想を書いておく。
基本的には初日はやはり味が落ち着かない。かえって派手に出ている気がした。
翌日になると急に落ち着きを見せるけど、それぞれに個性は残している。
それを前提での各感想。

1.エチオピア イルガチェフェ コチェレ
今シーズンのロットがかなりスパイシーなこともあるが、やはりそこが際立つ。
ただ、冷めるにつれて落ち着いたところも出てきてバランスが良くなる。
冷めてもスパイシーはスパイシー。ちょっと渋味とも取れるかな?

2.エチオピア イルガチェフェMHA ナチュラル
テスト中にサンタ・フェリーサNはやったけど、イマイチだったのでイルガでリベンジ。
これは素直にいい感じ。
ナチュラルらしさは香りとかに出てるけど、酸味が強くないしバランスは一番いいかも。

3.ケニア ンディマ・イニ
ケニアの浅煎りもやっておきたかったのでチャレンジ。
ケニアの浅煎りはやっぱりすごい。酸のシャープさ、明るさが半端でない。
翌日になったら大分落ち着いたけど、それでもこれまでの豆ではダントツでキレがある。
でも冷めてきてバランスがかえって良くなってくる。悪くない。

結論から言えば、現時点では浅煎り目的ならこのプロファイルで良いのだろう。
ここから先の細かい焙煎度合とか2週間以上の経時変化とかはやっていないので分からない。
今できることはやってみて、その工夫の範囲内で狙った味にはなっている。

ここまでやってみて思ったことは、2つ。

1つは、浅煎りはやっぱり別の飲み物。
焙煎としてもゴールがシティローストのコーヒーと違うので、それに合わせたプロファイルで焙煎をしないといけない。
当たり前と言えばそうなんだけど、それを改めて確認できたのは良かった。

もう1つは、やっぱり自分はシティローストが好き。
浅煎りは浅煎りの表現があることは分かった。
それが悪いものでもないのだろうといことも分かった。
でも、決定的に「ホッとできる1杯」にはならない。
自分はコーヒーにリラックスさせてもらって、精神的に助けられたことでお店をやっている。
救われたコーヒーは、やはり「ホッとできる1杯」であって、浅煎りのコーヒーは、そういった時に飲むにはちょっと適さないように思う。
実際に、自分にとっては味見をしていて全く癒されなかったし、コーヒーを飲んでいる感じがしなかった。
そういう意味でもコーヒーとは別の飲み物として認識すべきだろう。

目的に合っていれば、どちらのコーヒーが良い、悪いではないと思う。
ただ、それぞれに飲むべきシチュエーションは全く違うから、適材適所であるべき。

今回テストしてみて、浅煎りを焙煎する時の気持ちが分かったような気がするし、そのプロファイルも分かったのは収穫だった。
その一方で、今やっているシティローストをメインにしている立場も自分にとっては正しかったなあということも再認識できた。

こういったあらゆる収穫を、もうちょっと自分の中で消化しながら今回のチャレンジは終了する。

今回の番外編の他の記事はこちら。

【店主のクドバナ番外編・焙煎考察】真面目に浅煎りやってみた①

【店主のクドバナ番外編・焙煎考察】真面目に浅煎りやってみた②

-ニュース, ブログ
-, ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

最近の当店のデザート事情

カフェカホン店主の平村です。今年もよろしくお願いします。 今回は、昨年末辺りから当店のデザート事情が少し変わってきているので、まとめてお知らせしたいと …

no image

パナマ ドン・ベンジー農園の商品ページを公開!

ネットショップにて、4月中旬~5月まで「今月の新豆」で販売していた「パナマ ドン・ベンジー農園 ティピカ」の単品販売ページをリリースしました。 パナマ …

9月臨時休業などのお知らせ

みなさん、こんにちは。カフェカホンの平村です。 9月になるタイミングになって、仙川では度々雨が降っています。 先日もドサーッと大雨と雷が光る中、帰宅を …

【店主のクドバナ・その8】ずぼら点滴抽出にハマってます。

みなさん、こんにちは。久しぶりにクドバナを書きたいと思います。 クドバナとしては昨年9月のナナハン焙煎機を触ってきた話以来ということで、随分放置してし …

【中米出張2019Vol.5】カッピングとイカフェ訪問

みなさん、こんにちは。何とかホンジュラス最終日の夜を迎えている店主です。 昨日はサンタバルバラという街に来て、湖の畔のバンガローがたくさんあるホテルに …