ニュース ブログ

【店主のクドバナ番外編・焙煎考察】真面目に浅煎りやってみた①

投稿日:2017年10月5日 更新日:

公開するつもりもなく書き始めてしまったので、完全にメモ感覚で読みにくいと思いますが、そこはご勘弁くださいね。
こんな感じでいつも焙煎の考えを進めています。

試しに3種浅煎りで焙煎してみた。

1セット目。サンタフェリーサNを2回。
1回目は普段の焙煎と同じプロファイルで単に浅煎り。
2回目は中点を下げて、同じ焙煎度合だけど時間を延ばした。

これは完全に2回目の方が美味い。
いつもと同じものの単に浅煎りだと味の量が少ない。カロリー不足。
それを補うという点で中点を下げて総カロリー量を増やした分、風味が強くなる。

2セット目。追加で2種焙煎。
プロファイルは先ほどの2回目。
結論から先に書いてしまうと、全体にしっかり火が入り過ぎてしまっているような感じが合って、ベースにコクがあって飲みやすいとも言えるが、重たさを感じてしまう。
これをどうにかしたい。

1.コロンビア ビジャ・ファティマ ティピカ
1ハゼ終わりなんだけど、終わるか終らないかくらいで大分攻めた感じになった。
その分、酸がシャープで少々強すぎるのだが、ベースの重たさに助けられて、まだ飲める。
でも、全体のバランスと伸びやかさに欠けるかな。

2.コスタリカ ラ・カンデリージャ
これは3種の中でほんの少しだけ深くなったか。2秒くらいだけど。
その深さは感じさせないけど、全体の伸びやかさはやはり足りない。これが欲しい。

あと、3種やってみて分かったことは、浅煎りは生豆の鮮度の差が明確に出る。
ニュークロップと比較してしまうと差は歴然。
もし、自分で浅煎りをやるとすると、豆の古さが出ない豆に限りたいところ。
次回のテストからはニュークロップのみを使用することにする。

今回の番外編の他の記事はこちら。

【店主のクドバナ番外編・焙煎考察】真面目に浅煎りやってみた②

【店主のクドバナ番外編・焙煎考察】真面目に浅煎りやってみた③

-ニュース, ブログ
-, ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

特別入荷豆第2弾!ゲイシャを生産国を変えて再入荷!

みなさん、こんにちは。 もうすっかり年の瀬になってきました。 今年の12月は中旬になっても何だかやることが多くて、お知らせ関係がすっかり遅くなってしま …

ゆうパック送料変更のお知らせ

みなさん、こんにちは。カフェカホン店主の平村です。 本日は、大変心苦しいお知らせをさせて頂きます。 昨今の配送料の値上げの影響を受けまして、当店でも送 …

【第9回コーヒーサークル】古くなった豆をできるだけ美味しく淹れるには?

みなさん、こんにちは。カフェカホンの平村です。 コーヒーサークル、久しぶりになってしまってすみません。 7月は中止になってしまい、8月も準備ができなく …

8月の新豆はニュークロップ登場!

東京では梅雨の時に夏のように晴れて暑く、明けたらどんより空が続くという相変わらずのよく分からない天気が続いていますが、8月に入りました。 コーヒーはこ …

【カッピングメモ】ラ・エスメラルダ農園プライベートオークション

東京では真夏のあっつ~い日が続いてますが、西日本では大雨。 被害が大きくなっているようです。西日本にお住まいの方はお気を付けください。 お店がある仙川 …