家庭で使うコーヒー器具をまとめました!

当店は「最高の日常コーヒーで生活に潤いを」というコンセプトで、それぞれの人に合ったコーヒーライフを見つけるお手伝いをしています。
ここでは、ついつい迷ってしまいがちな抽出器具について、ご自宅で気軽に使えるという所にフォーカスしながらまとめてみました。
日々の器具選びの参考にして頂けたら嬉しいです。

やっぱりペーパードリップ

仕事用にしてもおうち時間にしても、やはりペーパードリップは外せません。

この画像のalt属性が入力されていません

一番のおすすめポイントは、手軽さ。準備はお湯を沸かしている間にできますし、何より後片付けが簡単なのは最強です。

器具が入手しやすい点や、導入コストが安く済むことも素晴らしいです。

デメリットとしては、抽出自体に少々テクニックが必要だということです。難しい技術は必要ないのですが、淹れている最中の動作が割とそのまま味に出てしまうので、ちょうど良い濃さを狙うには、淹れている間見ていないといけないかもしれません。

この画像のalt属性が入力されていません

ペーパードリップのドリッパーには、よく見るとこのように「台形」と「円錐形」と呼ばれるような種類があります。それぞれの形には、それに合ったペーパーフィルターを用意しないといけませんので、そこは注意してください。

抽出が楽なコーヒープレス

朝からそんなにゆっくりコーヒーを淹れていられないよという方にはこちら。

この画像のalt属性が入力されていません

右側がコーヒープレス(フレンチプレスとも。)、左側はアメリカンプレスという器具です。

右側の器具は見掛けたことがあるな?と思われた方が多いかもしれませんが、日本では紅茶を淹れる器具として有名ですね。全く同じものです。歴史上、元々はコーヒーを淹れる器具だったのですが、日本では浸透せず、紅茶界に持ち込まれて広まったそうです。

左側のアメリカンプレスは基本的に同じ感じですが、ちょっとオシャレです。

使い方も紅茶の時と同じで、茶葉が挽いたコーヒー豆に替わるだけです。中にコーヒー豆とお湯を注いで3~4分待つだけ。待ったら中のメッシュを下げて出来上がりです。

メリットは、お湯を注いだら数分間放置できることですね。何気ないですが、忙しい朝にはかなりアドバンテージあると思います。
それと、豆とお湯の量、放置時間を守れば味が安定するという、技術要らずという点です。

デメリットは、片付けが面倒ということですね。中のパーツを分解して洗わないといけないですし、コーヒー粉が意外と引っ掛かって洗いづらいということもあります。

この画像のalt属性が入力されていません

あとは、味がちょっと粉っぽくなります。これは気になる人と気にならない人がいます。

この写真のように、メッシュになっているので、挽いたコーヒー豆のすごく細かい粉(微粉)がメッシュを抜けて、飲む側の液体に入ってしまうのです。飲んでいると、コーヒーカップの底に残るので分かると思います。

この微粉で舌にザラザラ感が出ますので、異物のように感じるとちょっと厳しいです。でもこれも慣れてくるので、それまでの我慢という考え方もあります。
個人的にはアメリカンプレスの方がちょっと微粉が少なくて飲みやすいような気もしました。

実は最強かも?クレバードリッパー

あまり一般的には認知されていないかもしれませんが、クレバードリッパーという器具があります。

この画像のalt属性が入力されていません

見た目はペーパードリップのようで、ペーパーをセットする~コーヒー粉を入れるまでは同じように用意するのですが、そこにコーヒープレスのようにお湯を注いでしまいます。

この画像のalt属性が入力されていません

ここにコーヒー豆を入れて、そのまま一気にお湯を注いでしまうのです。こぼれてしまうと思いきや、ドリッパー底面の構造に工夫があって、お湯は出てきません。

なので、コーヒープレスのようにそのまま3~4分待って、このドリッパーごとカップに載せると、その底面の機構が働いてコーヒーが落ちてくるという仕組みです。
言葉だと説明が難しいので、ぜひ、動画を探してみてください。

この器具のメリットは、ペーパードリップの手軽さとコーヒープレスの抽出の手軽さを兼ね備えているということです。
僕も普段はペーパードリップですが、ちょっと面倒だなと思う時に登場する器具です。

敢えてデメリットを挙げるなら、洗いにくさでしょうか。底面は可動式のふたみたいになっていて、それを外して洗うのですが、外しにくい上に破損しやすいというなかなかの難物です。

この画像のalt属性が入力されていません

これも外し方が分かればどうということではないので、やはり慣れですね。

人気もあって高性能、エアロプレス

こちらも一般的にはあまり知られていないかもしれませんが、エアロプレスという器具です。

この画像のalt属性が入力されていません

使い方は先ほどのクレバードリッパーと似ていて、筒の内側に挽いたコーヒー豆とお湯を一緒に入れてしまいます。数分待った後に、ひっくり返して上から押すという抽出方法です。

この画像のalt属性が入力されていません

抽出する時はこのようにしてから、上から押す感じですね。押し出されたコーヒーが、下に貯まるという形です。

メリットは、こちらもレシピを決めてしまえば味が安定するということと、後片付けがペーパードリップ並みに楽だということです。
レシピ次第で味の調節幅が広いということもあって、コーヒー業界ではかなり人気の器具と言えます。

デメリットは、一度に淹れられるコーヒーの量がちょっと少ないこと。200cc弱くらいだと思います。たくさん飲む方は、毎回これをやるのは少々手間でしょう。

あと、抽出中に器具がズレてしまったり、中には舌のサーバーを割ってしまったという話も聞きます。
これは力加減の問題で、実際はそこまで力を入れなくても大丈夫なのですが、時間的余裕がない時にはちょっと合わないかもしれません。

舐めてはいけない、コーヒーメーカー

最後に紹介するのは、ご存知コーヒーメーカーです。

この画像のalt属性が入力されていません

ここまで手作業的な器具を紹介しておいて、最後に結局コーヒーメーカーかい!というツッコミがありそうですが、やはり仕事のおともとして考えた時に外せません。

「コーヒーメーカーで淹れると、手を抜いているから美味しくならない」というイメージもありそうですが、コーヒーの味を決めるのは、コーヒー豆です。コーヒーメーカーで淹れたコーヒーで、美味しくなかったらその豆は他の抽出方法に変えたところで同じことなのです。

メリットは、これもやはり手軽なことと、放置しておけることでしょう。

デメリットは、置き場に困るということでしょうか。でもご自宅で使うという点では何とかキッチンにスペースを確保して頂きたいところですね。あとは、保温機能があるものでも、そのままにしておくと風味が悪くなってしまうので、できれば抽出できたら保温ポットなどに移すと良いでしょう。

コーヒーメーカーを選ぶ時は、お湯が出てくる場所を見ましょう。ドリッパー全体に行き渡りそうな感じに穴がたくさん開いているものがおすすめで、反対に中央に1つしかない場合は上手に抽出されにくいので、避けた方がいいと思います。

美味しくしたかったらコーヒー豆をしっかり選ぶ

という感じで、勝手にコーヒー器具をおすすめしてみました。
仕事のおともとして使うには、やはり抽出においても取り回しにおいても手軽さが一番だよなあと書いてみて思いましたね。

ただ、先ほどもチラッと書きましたが、美味しいコーヒーを淹れたいと思った時に最も注目すべきはコーヒー豆なのです。

自分で淹れたコーヒーが美味しくなかった時に「自分が淹れ方を失敗したからだ」と思うことがよくあると思いますが、僕から見るとほとんどの場合、原因は豆にあります。
状態の良いコーヒー豆を使えば、抽出方法はどれでもそれなりに美味しく淹れられるものです。
抽出器具は自分に合ったものを選び、美味しさを求める時はコーヒー豆に注目するようにしてみてくださいね。

投稿日: