ニュース ブログ

【第6回カフェカホン・コーヒーサークル】ペーパーの素朴な疑問をやっつけよう!

投稿日:

みなさん、こんにちは。カフェカホン店主の平村です。
最近のこちらのブログは、このコーヒーサークルのお知らせばっかりになってしまって、ちょっと恐縮なのですが、また次回の開催が決まりましたので、お知らせします。

開催日は、5月27日(日)午前10時からです。
そして今回のテーマは、「ペーパーの素朴な疑問をやっつけよう!」です。

日本では最も身近なコーヒーの抽出方法と言っても過言ではないペーパードリップですが、それに使うペーパーフィルターについていろいろな素朴な疑問が存在します。
今回はその疑問から3つに絞って、決着をつけてみようじゃないかというのがテーマです。
取り上げる3つの疑問はこちらです。

1.ペーパーのリンス問題をやっつける。

昔からペーパードリップする時の方法として、「前もってペーパーをお湯通しする」と説明される場合があります。
この「ペーパーのお湯通り=ペーパーをリンスする」と呼ぶのだそうです。僕には全く浸透していませんが。

このペーパーのリンス、良いと言う人と悪いと言う人がいます。
その理由もそれぞれ、いかにも一理ありそうなものが挙げられるため、議論だけでは決着するのは難しそうです。

そこで、このコーヒーサークルで取り上げて、実際にリンスしたコーヒーとしていないコーヒーを同時に淹れて飲み比べします。
そして、参加者のみなさんと意見を交わしながら、結論を出したいと思っています。

2.メーカーの違い問題をやっつける。

当店では基本的に円錐形のドリッパーを使っています。
以前はコーノの名門フィルターを使っていましたが、現在はフレーム型の富士山ドリッパーです。

円錐形ドリッパーでメジャーなところは、ハリオかコーノだと思います。
そして、それぞれに公式のペーパーが販売されていて、価格も違います。
特に最近では、ハリオのペーパーに仕様変更がみられています。

これも昔から「コーノのドリッパーはハリオのペーパーでもいいの?」などの互換性に関する素朴な疑問がつきまとっています。
特に味に問題がないなら、安い方を選びたいところですが、コーノのペーパーの外袋には「類似品に注意」というような注意書きまで書いてあります。
果たして、本当に違いがあるのでしょうか。

これもコーノのペーパーとハリオのペーパーを同時に淹れ比べをして、みなさんと意見を交わしたいと思います。

3.漂白か無漂白か問題をやっつける。

3つ目はこれまた昔からひっかかり続けている素朴な疑問です。

漂白=真っ白なペーパー。
無漂白=ブラウン色のペーパー。

言わずと知れた違いで、昔から何気なくどちらも売られていますけど、「何を理由で使い分けるの?」と思っている方も多いのではないでしょうか。

漂白は時代によって原料が違うとは言え、漂白剤を使って白くしています。
中にはこういった薬品が身体的にダメなので、避けるために無漂白を選んでいるという方がいらっしゃいます。

これも厳密に言うと価格が違います。意外かもしれませんが、無漂白の方が高いです。
無漂白は製造段階で大量の水を使うため、手間がかかるので高くなるのだそうです。
特に味に違いがないのであれば、これも安い方を選びたいところでしょう。

このテーマでも漂白と無漂白と同時に淹れ比べて、みなさんと議論したいと思っています。

以上の3つの疑問を、みなさんと一緒に飲み比べて、結論を出したいと思います。
1人でやって個人的な意見に留めてしまうにはもったいないと思ったので、コーヒーサークルのテーマにしました。

コーヒーの味は分からないと言う初心者の方でも全く問題ありません。
むしろ、先入観がないので貴重な戦力となります。単に飲み比べしてみたいという方も大歓迎ですよ。
我こそはという方、この素朴な疑問に終止符を打ちたい方、ご参加お待ちしています!

※ペーパーは、コーノ、ハリオのそれぞれ漂白、無漂白を当店でご用意します。
 もし、それ以外のメーカーで円錐型に使えるペーパーを試したい方は、ぜひお持ちください。

日時、お申込みなど詳細

開催日時:2018年5月27日(日)午前10時~
活動時間は、2時間程度を予定していますが、途中参加、途中抜けOKです。

会費:2160円(税込)/1人です。当日、お店にてお支払いください。

開催の可否の都合もありますので、事前予約制(開催時飛び込みOK)となります。

参加希望の方は、お名前、参加人数、連絡先を記入の上、下記のメールアドレスかお問い合わせフォーム、各SNSのメッセージにてご連絡ください。お電話でのお問い合わせもOKですよ。

info@cafecajon.jp

-ニュース, ブログ
-,


  1. Nakamura より:

    なかなか日程の都合がつかず、サークルに参加できなくて残念です。
    27日は日本ダービー当日なので、今月も参加できないことが確定的です。
    なので、ペーパーの問題に関する私の意見を、ここに書いてみたいと思います。
    まずペーパーの湯通しについてですが、湯通しの有無で味が変わる要因はいくつか考えられますが、大きいのはリブの効き方の違いではないかと予想しています。
    リブは、ペーパーと壁との間にコーヒー液が流れる隙間を作る装置ですが、湯通ししないハリのある状態の紙と、湯通しして繊維が緩んで柔らかくなった紙とでは、ドリップの序盤においてリブの効き方に結構違いがあるだろうと考えられます。
    ドリップ方式では、前半が味を作る部分で後半は濃度の調整という感じですから、その大事な味を決める前半部分でリブの効き方に違いがあれば、味が変わっても当然かなと。
    この仮説が正しいとすれば、ドリッパーによっても、湯通しの影響度合は違ってくるでしょう。
    富士山ドリッパーのような、リブ構造が無くてワイヤーとペーパーの接触面がコーヒー液を流すガイドのような役割をするドリッパーでは、湯通しの影響は小さいのではないかと予想しているのですが、どうでしょうか。

  2. Nakamura より:

    コーノとハリオのペーパー、漂白と無漂白のペーパーの違いに関しては、私個人のこれまでの経験から言うと、ほとんど実感できるような違いは無いと思っています。
    まあ「心理的要因から来る味の違い」は、人によってはあるかもしれませんが。
    心理的要因から来る味の違いというのは、先入観や思い込みがあると、実際には在りもしない味の違いを感じてしまうことがある、ということです。
    なぜなら、味覚というのは舌で感じるものではなく、最終的には脳が判断するものだからです。
    そこには、先入観や思い込みといったバイアスが入り込む余地が、必ずあるのです。
    ペーパーによるコーヒーの味の違いを議論することは、たぶんそういう微妙な領域に足を踏み入れることです。
    ヒトの感覚は騙されやすいものだということを頭に入れて、冷静な判断をされることを望みます。(老婆心ながら)

  3. カフェカホン 平村 より:

    中村さん、コメントありがとうございます。
    ダービー当日とはうっかりしていましたが、今月は他の日は難しそうだったのですみません。
    健闘をお祈りしています。

    コメント頂いていたことは大体予測していますので、考慮に入れて検証するようにします。
    ただ、ドリッパーを変えた場合の影響の大きさの違いは考えていなかったので、やってみますね。

    心理的要因の話はコーヒーに限らず、僕もあり得ると考えている側です。
    コーヒーの味においても先入観や思い込みは影響が大きいと思うので、できるだけ影響がないようにやりたいですが、かえってそれに気づく場になっても良いかなと考えています。

    かなり微妙な領域に踏み入れるのは事実だと思いますが、重箱の隅を突くつもりはないので、ある程度のところで引き返します。ありがとうございます。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【店主のクドバナ・その2】焙煎度合の違いがもっと伝わらないかなあ。

この1ヶ月、6月の間はなかなか忙しく、何かしらやることの多い月だったのですが、その中で思いついていろいろ考えていたのは、「コーヒーってもっとシンプルに …

【カッピングメモ】ニカラグアCOE

このオフィシャルサイトにブログが引っ越してから1ヶ月。 何だかカッピングの話しかしてないような気がするなあと思っている店主です。 どうも、こんにちは。 …

7月の新豆は待望の・・・?

非常に湿気の多い、ジメジメしたどんより曇り空で始まりました7月。いよいよ今年も折り返しましたね。 梅雨明け後は暑い夏。9月頃まで暑くて10月からまた、 …

【第5回コーヒーサークル】カッピングとドリップを結びつける。

みなさん、こんにちは。カフェカホン店主の平村です。 4月になって、新しい生活や変化があった方も多かったのではないでしょうか。 そろそろ落ち着いてきまし …

【カッピングメモ】コスタリカCOE

今日の東京は本当に真夏のような暑さになっています。 こういう時はさっと物書きに変身する店主。今日は先週行ってきたコスタリカCOEについてのカッピングメ …